結婚について

結婚にはタイミングもあるので急いではいけない

晩婚化が進んでいる現在、相手がうまく見つかるのはラッキーです。
男女ともに相手を探すのに苦労している状況ですが、女性のほうが男性を選べる分いくらかリードしているのは明白でしょう。
結婚は愛し合う二人が行う契約と昔から言われていますが、かつては家同士のつながりを示す重要な儀式でした。
社会の変化とともに儀式的な意味は薄れ、個人の契約を示すのみに変化しつつあります。
大人になれば誰もが自然に同居するものと考えていた世代は少なくなり、子供の頃から人生設計を考える人同士がくっつく傾向が見られます。
彼らは非常に計算高く、相手を値踏みすることを怠りません。
ただ、こればかりは出会いのチャンスもあり、条件ぴったりの人と巡り会うだけでついているでしょう。
結婚にはタイミングがありますが、これは何年同棲したとか、愛情が強いとかの尺度で測れるものではありません。
むしろ、付き合いが長ければ長いほどタイミングを見失うこともありますから、時期を見て二人で話し合うのが一番です。

現代の若者たちが結婚をしない理由

現代の若者たちのほとんどが、恋人がいないという人が多いと報じられている事を耳にします。
同性同士で遊んだり、おしゃべりをしている方が、気を遣う事も無く楽しいからと言う事が、要因のひとつでもあるようです。
そして、何一つそれに対して、不満も感じていないということです。
確かに、異性と違って、自分を飾ったり、つくろったりする必要はなく、同性同士の方が、楽と言う事は事実の様に感じます。
そして、その延長線上には、結婚という文字も無いという事も、現実の様に感じます。
昨今では、女性も仕事を持ち、男性同様に働いていらっしゃる方は多く、その為、休日等は、家でのんびりとしていたいと、思っている女性も多いようです。
そして、実家に居るようであれば尚の事、炊事、洗濯、掃除など、家事に関わる事は母親が全てやってくれるため、とても快適な様子生活しているようです。
これでは、益々結婚の願望は遠のく一方ではないかと思われます。
しいては日本の深刻な問題にも繋がる恐れがあるのではないかと考えます。

Copyright© 結婚 All Rights Reserved.